本文へスキップ

一般社団法人 生命科学文化推進機構
(ライサイカル・ネットワーク)

書籍の紹介BOOKS INTRODUCTION

書籍の紹介



幸福の密室 平野俊彦/著

「入村者はみな必ず幸福になる。来たれ、多幸村へ」 栃木県北部の芳賀野村の移住推進課に勤務する雨貝愛子は、そんな惹句の新聞のPR記事を目にし、疑念と職務上の憤り、そしてわずかな期待をもって長野県にある多幸村を訪れた。愛子が村までの道中に考えた仮説は、村人がお金か脅迫、あるいは宗教による行動規制、そうでなければドラッグを含む多幸感を沸き立たせる成分を含む何かを村人が接種しているというものだった。伝染病や風土病まで思いをはせた愛子に対して、村人は皆、一様に親切で愛想がよく、幸福そうに見えるが・・・。
さらに詳しく・・・





BD Elevationを使用したVABの安全で確実な手術手技

乳がんの確定診断には生検が不可欠ですが、重要なのは、「ほとんど痛みと恐怖感を与えずに最小限の出血で、数分間で診断に必要な組織片を採取することです。 

中嶋啓雄先生監修による、BD(ベクトンデッキンソン)社発刊のDVDです。




報復の密室 平野俊彦/著

最愛の娘が大学のキャンバス内で自殺をした。薬学部教授の大日方敏夫(おびなた としお)は、娘の千佳(ちか)が死を選ぶはずがないと真相を探る。千佳は生前、母である優子に、付き合っている人がいると打ち明けていた。しかし、相手の詳細は知らされておらず、ミステリーの文学賞に応募していることだけを伝えていた。敏夫は付き合っていた相手が殺人犯だったのではないかと疑いを持ち、自身の遺伝薬理学の知識を使って犯人を特定することを思いつく――。
さらに詳しく・・・



抗加齢医学から進化医学への展望

東京理科大学 科学教養誌「理大 科学フォーラム」 2014年3月号に「抗加齢医学から進化医学への展望」と題し、当法人早川理事長による教養講座が掲載されました。 







論文の紹介



共著論文が「癌と化学療法」に掲載されました。










共著論文が「anticancer reserch」に掲載されました。

1) ヘプタペプチドIYGSRSAがヒト末梢血単核細胞増殖に及ぼす効果に関する研究

2) 三次元培養ヒト乳がん細胞株における薬物耐性とその成因に関す研究

                              名大研究報告書





ヒト末梢血単核細胞のペンタペプチドYGSRSの免疫調節作用

ペンタペプチドYGSRSはTh2型免疫を調節することができる活性化ヒト末梢T細胞からのサイトカインのいくつかの種類の生産に影響を与えることを示唆しています。 







Fas/FasL経路の働きと免疫制御、特に制御性T細胞によってなされる制御との関係

この制御性T細胞を利用した、疾患の治療を目指した応用展開が見込まれます。
アレルギー・自己免疫疾患などの免疫異常を基盤とした疾患には、個体にとって好ましくない免疫応答を抑えてやることで適応することができ、がんを対象とした場合には、逆にその制御性T細胞を排除してしまうことによって有効になる可能性があります。
 
                                 論文解説














※資料をご覧頂くにはAdobe Acrobat Readerが必要です。お持ちでない方はAdobe社ホームページよりダウンロードして下さい。